健康的な肌を維持するには洗顔後の保湿クリームの使用を

洗顔後は肌表面を覆っていた皮脂が洗顔によって除去されるので肌からは水分がどんどん抜けていきます。油膜があれば水分の蒸発を防ぐことができるので、人間の皮膚は毛穴から油分を含んだ汗を分泌することで、肌自体の水分の蒸発を未然に防いでいます。しかし洗顔によって皮脂が除去されれば、その瞬間から次々に抜け出ていくことになるのです。

乾燥肌がひどくならないように、顔を洗った後は保湿クリームで皮膚をカバーするといいでしょう。油分を適度に含む保湿クリームを顔全体に塗り広げることで、洗顔後の皮膚から水分が蒸発しないように防ぐことが可能になります。保湿効果により、洗顔後の乾燥を防ぐことができます。また、皮脂は肌が乾燥している時ほど多く分泌されるので、保湿クリームで肌をしっかりと潤わせておけば、皮脂の分泌量が減ることになります。

毛穴の脂栓が大きくなったり、にきびがよくできる要因に、皮膚から分泌される油分が多すぎることがあります。つまり、保湿クリームを使うことは、こういった肌トラブルを防ぐことにもつながります。洗顔後のお肌は、化粧水や美容液でケアすることで、ますます健康的なお肌にすることが可能です。ビタミンC誘導体や、コラーゲンなど、肌にいい成分をたくさん与えることで、みずみずしく美しい肌を保てます。

そのため先に美容液を使用した後に保湿クリームを塗ると、水分だけでなく美容成分も肌に留まることになります。

保湿にはルルルン プレシャスクリームがおすすめ

コメントを残す