目元は年齢が出やすい場所なので丁寧なケアが必要

顔を覆う皮膚の中でも、目元の皮膚は特に薄いので、ケアの仕方も異なります。年齢が出やすい場所の一つが目元で、皮膚が薄い分シワになりやすく、それで悩んでいる人も多いかもしれません。お肌にいいケアをしているつもりが、肌にとって負担になっているということもあります。

力をこめてこすると皮膚に摩擦が生じ、肌表面を傷めてしまうことがあります。起きている間は何度もまばたきをするものですが、まばたきをする毎に、目元の皮膚は引っぱられています。お肌のケアをする時には、目元にシワやたるみがふえないように、しっかりとケアをするようにしましょう。

実際の年齢以上に年をとって見える要因の一つに、目元のシワがあります。しかし、逆に目元のシワが少なく、くすみもなく、ハリのある状態であれば、若々しい印象を与えます。人前に出るときに顔は隠しようがなく、目元もよく見える部位だといえるでしょう。皮膚の老化が進むにつれ、弾力を失った目元のしわは、はっきりと目につくようになります。

様々なやり方で、目元の薄い皮膚をケアすることができます。どんな方法なら自分に合っているかを知り、実践に移していきたいものです。

アラフォーにおすすめ!エイジングケアができるオールインワン

コメントを残す